本とのこと

本と映画と音楽の話。

椎名林檎「ひょっとしてレコ発2018」セトリ・ライブレポ・感想

f:id:ryumachi3:20180527214006j:image

ついにネタバレ解禁!椎名林檎ツアー「ひょっとしてレコ発2018」改め「椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯」

5月25日広島@上野学園ホールに参戦してきました。

感想を一言で表すと「えっ、もう終わった......!?」

感想

まず感想を箇条書きで。

  • 児玉監督の仕事がすごい
  • 椎名林檎自身(女)を使った演出がすごい
  • 二次元と三次元の境が曖昧になる
  • ステージ全体を使って1つのMVみたいな
  • セトリのバランスがすごい

セットリスト

1.人生は思い通り
2.おいしい季節
3.色恋沙汰
4.ギブス
5.意識
6.JL005便で
7.少女ロボット
8.弁解ドビュッシー
9.浴室
10.薄ら氷心中
11.暗夜の心中立て
12.枯葉
13.眩暈
14.おとなの掟
15.重金属製の女
16.静かなる逆襲
17.華麗なる逆襲
18.孤独のあかつき
19.自由へ道連れ
20.人生は夢だらけ

アンコール

21.丸の内サディ?ティック
22.NIPPON
23.野性の同盟

椎名林檎ツアー「ひょっとしてレコ発2018」改め「椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯」ライブレポ

では一曲ずつ細かくライブレポ書いていきます!演出部分のレポ多め。

参戦できなかった方はDVDやブルーレイで映像化されるまで想像を膨らませてもらえたらうれしいです。

全部記憶で書いているので誤りあるかと思いますのでそこはご了承を〜!

ライブ開始前の演出

舞台の背景にあるスクリーンに正方形(インスタ的)な白い枠が出現。枠の中に3:00:00の文字が。

能動的三分間よろしくカウントダウンが始まる。普通なら10秒前ぐらいにスタートするはずのカウトダウンを、3分間もさせるのが椎名林檎(というか児玉裕一)。みんなで減っていく数字を見つめるだけなのにこんなにどきどきできる演出、上手いなー。

50秒前くらいにバンドメンバー登場。

10秒前くらいに椎名林檎登場。正方形の枠カウントダウンの背景にはスペースシャトル発車前の映像が。

会場大歓声。

00:00:00

1.人生は思い通り

椎名林檎のワンマンライブ一曲目はいつも意外な曲から始まる。この曲はカーネーションのカップリングなんだけど、ここで聴くまで存在を忘れていたぐらい目立たない曲(「はて?この曲なんだっけ?カバー曲だっけ?」って曲の間中思い出せないくらい忘れてた)

そんな地味で目立たない曲を拾い上げ、ライブ一曲目という重要な位置に配置し、一生忘れない名曲に変えてしまうのが椎名林檎実演の醍醐味。

ステージ背景の正方形の白枠に宇宙旅行的な3DCGの映像。Amazon風にShiina Ringoと書かれたロゴの段ボールから「逆輸入〜航空局〜」のパッケージが出てきて宇宙に放出されるみたいな。最後アポロ計画の月の旗がひょっとしてレコ発のロゴになってた。

2.おいしい季節

久々に林檎さんを見れて感動して、曲名が思い出せずに混乱してたら1曲目が終わった。2曲目は今やライブでお馴染みのナンバー。なんだか安心してしまった。衣装は柄の生地で作られたアジア系の国の偉い人?兵士?みたいなドレス(なにそれ)。

正方形の白枠には時計(時間)など歌詞をイメージしたモーショングラフィックス。

3.色恋沙汰

これも意外な曲。正方形の白枠には「LOVE AFFAIR(色恋沙汰)」のネオン文字。その背景にインスタ映えしそうな(?)地球上の映像が映し出される。曲が終わるとおもむろにギターを抱える。

4.ギブス

まさかのギブス。1週間前の東京公演の映像がZIPでオンエアされていたのが一瞬見えてネタバレしてしまっていたのがめちゃくちゃ悔しかった。なにもこの曲をオンエアしなくても。おれだってここで「ギブス......!?」って感動したかったよ!

正方形の白枠には銀色の点々がきらきら揺らめくだけのシンプルな演出。これがElectric Moleのギブスを彷彿とさせた。

5.意識

この曲と演出がかっこよすぎて膝から崩れ落ちそうになった。

正方形の白枠の中に白色中抜きで「意識」のネオン文字。なんか新宿のアップルストアみたいな雰囲気。フォントかわいい。

ここで初めてステージ両脇に縦長のスクリーンが登場。電光掲示板風の赤文字で意識の歌詞が流れる。

床に置いた番傘に隠れた林檎さんはステージから消える。

6.JL005便で

いつのまにか逆輸入〜航空局〜の羽織りの衣装に着替えた林檎さん登場。

正方形の白い枠の中にパソコンのBIOS設定画面的なカクカクしたフォントで赤色の歌詞が映し出される。

その後、枠の中に揺れる海(海面)の映像が、正方形からステージ全体に拡張される(!)海はさきほど電光掲示板だったステージ手前の長細いスクリーンにまで広がる。

スクリーンに様々な映像や歌詞やクレジットが表示されてここはもうステージ上で1つのMVを見ているかのように美しかった。二次元と三次元、現実と虚構の境がなくなるような感覚。

8.少女ロボット

逆輸入の落ち着いたアレンジの少女ロボット。スクリーンも控えめな演出。幾何学の花の模様のようなモーショングラフィックス。

8.弁解ドビュッシー

また意外な曲が。バグった曲に合わせてスクリーンもバグったみたいな映像。めちゃくちゃかっこよくて脳みそ溶けそう。そして2018年になってもエレキギターかき鳴らしながらこの曲やっている椎名林檎の姿がかっこよすぎて感慨深すぎてくらくらする。

9.浴室

今回勝訴の曲多くて感動。たたんだ扇子で林檎を切る仕草しながら歌う林檎さん。スクリーンにはまな板と穴あき包丁で林檎を剥いて切る映像。蘇る10年前、林檎博の記憶。

「洗って切って水の中〜」のときは水の中みたいなアニメーション。ステージにはいつのまにか羽織りを脱いだ黄色いキャミソール髪の毛ボサボサの女が出現。

10.薄ら氷心中

歌いながらボサボサの髪をクシでとく椎名林檎。髪をとくだけで浴室の中の女から薄ら氷心中の中の女へ変身する。自分自身を舞台装置として使ってしまう椎名林檎。恐るべし。

曲の後半は歌いながら崩れ落ちて床を転げ回ったりハイヒール履いたきれいな足をあげたりもう色気が大変なことになる。

11.暗夜の心中

倒れた女が起き上がって演歌を歌い始める。心中に次ぐ心中。全く死ぬ気配はない。

12.枯葉

スクリーンに女がはさみで髪を切る映像。枯葉の歌詞。賣笑エクスタシーを思い出す......!まさか枯葉が聞けるなんて思わなかった...!

13.眩暈

と思ったら眩暈のイントロが流れる。もう「えっ」「えっ!?」って感じで、枯葉全部聴きたかった......って気持ちと、眩暈......!?って気持ちで感情が忙しかった。

衣装は柄のカジュアルなもこもこのブルゾンみたいな。スクリーンには灰と火の粉の映像。エモい。

アウトロにプロペラの音だけが残り、響く。ここで「だからこの曲が選ばれたのか!」と合点が行く。

14.大人の掟

眩暈の灰色から暗闇で「真っ黒な中に一つ」のと歌う流れに痺れる。逆輸入の英語ではなく日本語でやってくれた。手にはタンバリン。

15.貴金属製の女

上着を脱いでギターを抱える。黒いタイトな黒パンツに白い無音Tにショートカット。かっこいい。

スクリーンには淡いグラデーションがかった色にインクがブシャーみたいな映像。最後は「貴」「金」「属」「製」「の」「女」の文字が一文字ずつ交互に映し出される。

16.静かなる逆襲

目抜き通りのデジタルジャケットみたいなオレンジ色のネオン街の映像。「目抜き通りか!」と思いきや静かなる逆襲だった。

「ねえ貸してよTUTAYA」のとこで「ツタヤ」の文字が輝き「随所に未来感じるSELF REGISTER」のとこで「セルフレジ」の文字が輝き名越さんのソロでは「754」の文字が輝く。

ネオン街の文字にSUGAR&SPICE(女の子は誰でも)とかSO COCO TOKYO(某都民)とか東京事変ネタが含まれているのが嬉しい。

17.華麗なる逆襲

逆襲に次ぐ逆襲。ここで旗を取り出して数少ないMC「SMAPでーーす!」に笑う。会場みんなで赤い手旗を振り振り。「美しいーーー」。楽し〜〜〜。

18.孤独のあかつき

旗を振ったまま孤独のあかつき。スクリーンには暗闇の地平線に光が走るみたいなシンプルな映像。

19.自由へ道連れ

暗闇から一気に鮮やかなスケボーで滑り回る映像。アダムとイヴの林檎の私立恵比寿中学のカバーがめっちゃよくて改めてこの曲好きになったから聞けてうれしかった!

20.人生は夢だらけ

暗くなって冒頭を歌い、「この人生は夢だらけ〜〜〜」でスクリーン全体にMVと同じく行き交う人々の映像が!正方形の映像に重ねられた黄色いタイトル文字も出てくる(これ大好き)。

MVの「こんな時代じゃ」の辺りで一瞬映る80年代風のポップな背景も映る。背景に生身の椎名林檎が重なってステージ全体でMVみたいな。児玉ワールド全開で最高の最高。

最後「この人生は夢だらけ」でマイクを高く掲げて終了。......かっこよすぎる。

いつものクロールの動きで退場。

あっと言う間すぎてまさかこれで最後の曲だと気づかなかった。「えっ、えっもう本編終わり!?もうアンコール!?まじで」って信じられないくらい短く感じた。

ENC1.丸の内サディスティック

グッズの緑の着物を着て登場。ジャズアレンジの丸の内サディスティック。着物でいつものステップを踏みながら腰を振りながら歌う林檎さん。「報酬は入社後」の後の「シャドー」を客席に促す。スクリーンにも「シャドー」の文字。

ENC2.NIPPON

スクリーンの白い枠内が真っ赤になる。「一瞬広島だからカープの赤?」と思ったらその赤が日の丸になる。それわ閉会式のやつ〜!これは良い公私混同。

ENC3.野性の同盟

最後はこの曲。ライブ最後に聴いた曲も一生忘れない曲になる。

長いアウトロと煙に巻かれて退場。ステージ後ろにシルエットのみの林檎さんが手を振る。

終わった......。

まとめ

最高だった。あのリオオリンピック閉会式後初のワンマンライブだったから特に演出面ものすごく期待していたけどやっぱりすごかった。

演奏だけじゃなく演出にもグルーヴを感じるというか、児玉さんと林檎さん夫婦にしかできないライブ。

そして本日デビュー20周年記念日に林檎博18のツアー詳細が発表された!2018年、まだまだ夢だらけ。

椎名林檎トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」レビュー・感想

アダムとイヴの林檎

今までトリビュートアルバムって自分が好きなすごく良い曲が数曲入っていて、あとは「この曲は知らねぇ」「この人知らねぇ」ということが多かった。

アダムとイヴの林檎はそんなのが一曲もない。それは自分が椎名林檎のファンで、このアルバムの全ての曲が椎名林檎の曲だからというのはもちろんなんだけど、それ以上に全アーティストがガチで林檎さんに挑んで来てる感じが半端ないのだ。

20周年を記念するお祭りアルバムというよりは各アーティストが椎名林檎の楽曲をいかに自分のものにするかという競技のような、試合のような。例えるならオリンピックのフィギアスケートで各選手の演技をドキドキしながら見守っているような。そんな感覚を覚えた。

というわけでアダムとイヴの全曲感想書きたい。

「アダムとイヴの林檎」全曲レビュー・感想

正しい街

「あの日飛び出した〜」

CDを再生して、もうこの第一声だけで「!!!!」。19年前に吹き込まれた林檎さんのヒリヒリする声が、今日に草野さんの柔らかな声で再生される。デビュー20周年の林檎さんの名曲が、結成30周年のスピッツ草野さんの歌声と、亀田さんプロデュースと、ミスチルとアジカンと雨パレの演奏で蘇らせる。もうなんか情報量多すぎだし時空を超えすぎててなにがなんだか。ちなみにthe ウラシマ'sのメンバーにアジカンギターの喜多さんが入ったのは、スピッツのライブを見に行った時にたまたま隣の席に亀田さんが座っていて誘われたそう。なにその神々の遊び。

幸福論

ダメだ、歌ってしまう。曲じっくり聴きたいのに身体を揺らしながら歌ってしまうのです。こんなん結婚式の二次会とかで超流したい。絶対流したい。踊りながらお酒飲みながら2人の幸福祝いたい。

レキシにメロディーやその哲学や言葉全てを奪われた幸福論。

曲の前後をセリフで挟む遊び心が実に池ちゃんらしいし、さすが毎度自分のライブで他人の曲で大盛り上がりしてる人なだけある。レキシに人の曲パクらせたら右に出るものはいないっす。

丸の内サディスティック

ちょっとゆるさのある丸サディがシリアスになって戻ってきた。椎名林檎の代表曲とも言えるこの曲を宇多田ヒカルに託す感じが親友っぽくて良い。小袋成杉さんって宇多田ヒカルのツレぐらいの認識しかなかったんだけど、先日小袋さんのファーストアルバム「分離派の夏」を聴いてから一瞬でファンになった。そしてやっと気づいた、丸の内サディスティックを宇多田ヒカルと小袋成杉でカバーするの贅沢すぎません??「終電で帰るってば池袋」の宇多田ヒカル感。宇多田ヒカル以上に綺麗なんじゃないかってほどの小袋さんの声。贅沢で美しくてかっこよくて上質で......この曲を表せる形容詞が足りない。

シドと白昼夢

椎名林檎の曲が海を渡るとこんな感じになるのかなぁ、とか異国の地で現地の人々に歌い継がれる椎名林檎、みたいなフィクションまで想像してしまった。椎名林檎 × カフェって今まであんまり想像したことなかったけどこれなら余裕でドトールで流れてるよね。コーヒー頂戴。

茜さす 帰路照らされど...

不穏で不安なピアノに掴まれる。そこに被さる藤原さくらさんの気だるい声に掴まれる。この曲をこの人に歌ってもらうことに決めた人誰ですか?林檎さんですか?そうですか、天才。茜さすが2018年版に生まれ変わった。

都合のいい身体

最初の穏やかなシンセから転調してロックになる展開めちゃめちゃかっこいい、林檎さんのよりロック!椎名林檎の歌って「女」のことについてしか歌われていないのに男性が歌ってもちゃんとかっこいいからずっとすごいんです。

ここでキスして。

これ歌ってた当時の林檎さんのほうが若いのにカエラちゃんのほうが若さと爽やかさが感じられる不思議。伸びる歌声が聴いていてほんと心地良い。林檎さんが歌っていた時の歌詞の中の主人公に比べてカエラちゃんの歌っているほうの主人公はかわいくて重たくない感じ。「ごめん!」って謝ったら許してもらえそう(ちょっとなに言ってるかわからなくなってきた)。

すべりだい

すべりだい大好きなのですごく期待してたんだけどその期待を20000倍上回ってくれた感じ!三浦大知さん、男なのにすべりだいこんな色っぽく歌えるのあんたしかおらん。アレンジもシンプルなのに何故こんなにかっこよく聞こえるのか。「落と・し・た」の詰まる感じとか「導いていたぁぁぁ」とかかるエコーとか間奏のひっかかるシンセの音とか所々に配置された遊びが本当に最高。このアルバム全部に言えることだけど天才と天才を混ぜると危険。

本能

ここで林檎さん本人の声聴けるのがこのアルバムのスパイスになっていてめっちゃ良い。ラップの歌詞も本能へのアンサーソングになっていてじっくり読むとまた面白い。18年の時を経た最高にエロくてかっこいいアンサー。本能むき出し。

罪と罰

AIさんが歌うならこの曲しかないだろってぐらい、もう曲と名前見ただけでぴったりだと思ってた。これでもかとゴスペルに攻められて聴きながら震える。林檎さんの歌ってるのは1人の女から攻められてる感じだったけど、AIさんのは神から裁かれてる感じ。それくらい世界が広がった。

カーネーション

まず井上陽水さんにカーネーション歌わせる選曲が上手すぎて感動する。陽水さんの新曲でしたっけっていうぐらいカーネーションを我がものにしていて、芸歴49年のミュージシャンってとんでもねえなと思いました。

自由へ道連れ

24年前、アイドル発掘のオーデイションと知らずにホリプロのスカウトキャラバンに出場した林檎姉さん。あなたの曲をアイドルが歌う世界を、その頃は誰も想像していなかったでしょう。私立恵比寿中学、初めて聴いたけどめっちゃいいですやん。耳元で囁かれてドキっとする。

NIPPON

林檎さんはこここう歌うよなぁとかLiSAさんの歌を聴いているのに逆に林檎さんの声や歌いかたがくっきりと浮かびあがってくる不思議。そして今まで何度も聴いたNIPPONを初めて聴いたときぐらいの興奮と新しさが襲ってきた。cheers!cheers!この曲オープニングのアニメが放映される未来が見えました。

ありきたりな女

私この曲椎名林檎の曲の中で10本の指に入るぐらい好きなんです。母になった喜びと寂しさがないまぜになった複雑な感情が歌詞からも曲からも感じられて。松さんが歌うと林檎さんの女感よりも圧倒的に母感が響いてくる。私お父さんだけど母親になった女性の気持ちがわかった気がして泣いてしまいました。

このアルバムを正しい街から始めてありきたりな女で終わらせるという曲順を決めた人に「まじであんた椎名林檎のことわかってんね!」と言いたくなったが曲順を決めたのは椎名林檎本人だろうと気づいた。

まとめ

椎名林檎さんが今まで参加してきたスピッツのトリビュート「一期一会」、ユーミンのトリビュート「Dear Yuming」、宇多田ヒカルのトリビュート「宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-」を聴きながら、その度に「もし林檎さんが歌われるなら......」と妄想を膨らませていた日々が懐かしい。

20周年、ついにその果実が実った。

アダムとイヴ達に収穫されたその果実はとても、贅沢な味がした。

車通勤が暇すぎて運転しながら読書する方法を見つけてしまった

f:id:ryumachi3:20180415054816j:plain

読書したいけど時間がない。

前は電車通勤だったけど今は毎日車通勤。車通勤ってほんと暇。音楽も何回も同じの聴いてると飽きてくるし...。

そう思っていたんだけど今は電車通勤の時より読書時間が増えた。

どういうことか?

車通勤の時間って無駄すぎ

毎日の車通勤の時間ってけっこうな時間を取られる。片道1時間としたら1日で2時間。20日出勤したとしたら1ヶ月で40時間にもなる。前はiPhoneやカーナビに入れた音楽を聴いてたけどこれをひと月40時間も繰り返してたらさすがに飽きてきた。朝眠くなるし...。

電車通勤のときは本が読めてたのになー。車通勤でも本読みたいなー。そんな夢みたいなことをずっと考えていると車を運転しながら読書する方法をまじで編み出してしまった。

車を運転しながら読書する方法

それでは早速その魔法みたいな読書方法を説明しよう。

1.Kindleアプリを用意する

まずはiPhoneアプリでKindle(電子書籍)アプリを落として読みたい本を買おう。

Kindle

Kindle

  • AMZN Mobile LLC
  • ブック
  • 無料

2.iPhoneを設定する

iPhoneの「設定」アプリを開いて、「一般」→「アクセシビリティ」→「スピーチ」とタップしていく。「画面の読み上げ」をONにする。これで準備はオッケー。

3.二本指で画面をこする

それではKindleアプリで読みたい本を開いてみよう。その状態で画面上端から二本指でこする(スワイプする)となんとSiriが本を読んでくれるのだ。

注意点

画面をロック(暗く)すると1ページ読んだだけで読むのが止まっちゃいます。なので画面はKindle画面を開いたままにしておきましょう。

これで基本的にはKindle本の文章を延々と読み続けてくれるからそのまま運転できるんだけど、図だけのページとかがあるとそこで読むのがストップされちゃいます。その場合は指で次ページに進んでからもう一度二本指でスワイプ。

画面操作は必ず赤信号などで車が停止している時ににやろう!

自動速読の時代?

これやってると「未来を生きてるな」って感じします。言ったら読み聞かせロボットに本を読んでもらってるみたいなもの。ほんとスマホってすごいよね。

で、ここまで読んだ人は「聞いただけで意味あるのかよ?」「聞いただけでは身につかないでしょ?」とか「ちゃんと読めよ」とか色々な意見を言いたくなると思うんです。僕もそう思いました。

だけど半年以上試した感覚としては以下のような感じで問題なさそう。

  • 一周だけじゃなくて何周も聴いてるとけっこう頭に入ってくる
  • Kindleで買った本だから通勤時間とかに一通り聴き終わった本を時間がある時にちゃんと自分で読むこともできる(一通り内容が頭に入ってるから理解が早い)

これって速読っぽい。目だけで本を読むやつ。それの耳版みたいな。速読をiPhoneが自動でやってくれる。「自動速読」と名付けてもいいんじゃないだろうか。

オーディオブックより良さそう

聞く読書と言えばオーディオブックというのもあります。機械の音声じゃなくてちゃんと人が朗読してくれているやつ。AmazonのAudibleというのも試してみたけど以下のような感じで自分の場合はこのKindle + 読み上げの方が良さそうだと思いました。

  • 音声で聴いた後に目でも読みたくなる
  • Siriの音声でも全然苦痛じゃない

ちなみにAudibleより安いし後で読み返せるので月額読み放題のKindle Unlimitedを契約してます。

分厚い本も怖くない

この読書方法を編み出してからというもの読書量がだいぶ増えた。「思考は現実化する」とか「7つの習慣」とか分厚くて読める気がしない分厚い本も平気で読めちゃいました。薄い本より分厚い本買ったときのほうが得した気分になるという。

運転以外でもいろんなシーンで読書

この自動速読は通勤の時ぐらいにしか試してないけど他にもいろんなシーンで使えそう。

  • 寝ながら読書
  • 家事しながら読書
  • ランニングしながら読書

他にもありそう。

まとめ:スマホすごい

ほんと技術の進化すごい。読み上げ機能もすごいし、最近は音声入力もめっちゃ精度高いし。この前はカメラで撮影した文章を文字に変換してくれるアプリを使ったんだけどこれも精度高くてとても便利だった。こんなのが無料で使えちゃうからすごい。

Photo by Leah Kelley from Pexels