本とのこと

本と映画と音楽の話。

椎名林檎トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」レビュー・感想

アダムとイヴの林檎

今までトリビュートアルバムって自分が好きなすごく良い曲が数曲入っていて、あとは「この曲は知らねぇ」「この人知らねぇ」ということが多かった。

アダムとイヴの林檎はそんなのが一曲もない。それは自分が椎名林檎のファンで、このアルバムの全ての曲が椎名林檎の曲だからというのはもちろんなんだけど、それ以上に全アーティストがガチで林檎さんに挑んで来てる感じが半端ないのだ。

20周年を記念するお祭りアルバムというよりは各アーティストが椎名林檎の楽曲をいかに自分のものにするかという競技のような、試合のような。例えるならオリンピックのフィギアスケートで各選手の演技をドキドキしながら見守っているような。そんな感覚を覚えた。

というわけでアダムとイヴの全曲感想書きたい。

「アダムとイヴの林檎」全曲レビュー・感想

正しい街

「あの日飛び出した〜」

CDを再生して、もうこの第一声だけで「!!!!」。19年前に吹き込まれた林檎さんのヒリヒリする声が、今日に草野さんの柔らかな声で再生される。デビュー20周年の林檎さんの名曲が、結成30周年のスピッツ草野さんの歌声と、亀田さんプロデュースと、ミスチルとアジカンと雨パレの演奏で蘇らせる。もうなんか情報量多すぎだし時空を超えすぎててなにがなんだか。ちなみにthe ウラシマ'sのメンバーにアジカンギターの喜多さんが入ったのは、スピッツのライブを見に行った時にたまたま隣の席に亀田さんが座っていて誘われたそう。なにその神々の遊び。

幸福論

ダメだ、歌ってしまう。曲じっくり聴きたいのに身体を揺らしながら歌ってしまうのです。こんなん結婚式の二次会とかで超流したい。絶対流したい。踊りながらお酒飲みながら2人の幸福祝いたい。

レキシにメロディーやその哲学や言葉全てを奪われた幸福論。

曲の前後をセリフで挟む遊び心が実に池ちゃんらしいし、さすが毎度自分のライブで他人の曲で大盛り上がりしてる人なだけある。レキシに人の曲パクらせたら右に出るものはいないっす。

丸の内サディスティック

ちょっとゆるさのある丸サディがシリアスになって戻ってきた。椎名林檎の代表曲とも言えるこの曲を宇多田ヒカルに託す感じが親友っぽくて良い。小袋成杉さんって宇多田ヒカルのツレぐらいの認識しかなかったんだけど、先日小袋さんのファーストアルバム「分離派の夏」を聴いてから一瞬でファンになった。そしてやっと気づいた、丸の内サディスティックを宇多田ヒカルと小袋成杉でカバーするの贅沢すぎません??「終電で帰るってば池袋」の宇多田ヒカル感。宇多田ヒカル以上に綺麗なんじゃないかってほどの小袋さんの声。贅沢で美しくてかっこよくて上質で......この曲を表せる形容詞が足りない。

シドと白昼夢

椎名林檎の曲が海を渡るとこんな感じになるのかなぁ、とか異国の地で現地の人々に歌い継がれる椎名林檎、みたいなフィクションまで想像してしまった。椎名林檎 × カフェって今まであんまり想像したことなかったけどこれなら余裕でドトールで流れてるよね。コーヒー頂戴。

茜さす 帰路照らされど...

不穏で不安なピアノに掴まれる。そこに被さる藤原さくらさんの気だるい声に掴まれる。この曲をこの人に歌ってもらうことに決めた人誰ですか?林檎さんですか?そうですか、天才。茜さすが2018年版に生まれ変わった。

都合のいい身体

最初の穏やかなシンセから転調してロックになる展開めちゃめちゃかっこいい、林檎さんのよりロック!椎名林檎の歌って「女」のことについてしか歌われていないのに男性が歌ってもちゃんとかっこいいからずっとすごいんです。

ここでキスして。

これ歌ってた当時の林檎さんのほうが若いのにカエラちゃんのほうが若さと爽やかさが感じられる不思議。伸びる歌声が聴いていてほんと心地良い。林檎さんが歌っていた時の歌詞の中の主人公に比べてカエラちゃんの歌っているほうの主人公はかわいくて重たくない感じ。「ごめん!」って謝ったら許してもらえそう(ちょっとなに言ってるかわからなくなってきた)。

すべりだい

すべりだい大好きなのですごく期待してたんだけどその期待を20000倍上回ってくれた感じ!三浦大知さん、男なのにすべりだいこんな色っぽく歌えるのあんたしかおらん。アレンジもシンプルなのに何故こんなにかっこよく聞こえるのか。「落と・し・た」の詰まる感じとか「導いていたぁぁぁ」とかかるエコーとか間奏のひっかかるシンセの音とか所々に配置された遊びが本当に最高。このアルバム全部に言えることだけど天才と天才を混ぜると危険。

本能

ここで林檎さん本人の声聴けるのがこのアルバムのスパイスになっていてめっちゃ良い。ラップの歌詞も本能へのアンサーソングになっていてじっくり読むとまた面白い。18年の時を経た最高にエロくてかっこいいアンサー。本能むき出し。

罪と罰

AIさんが歌うならこの曲しかないだろってぐらい、もう曲と名前見ただけでぴったりだと思ってた。これでもかとゴスペルに攻められて聴きながら震える。林檎さんの歌ってるのは1人の女から攻められてる感じだったけど、AIさんのは神から裁かれてる感じ。それくらい世界が広がった。

カーネーション

まず井上陽水さんにカーネーション歌わせる選曲が上手すぎて感動する。陽水さんの新曲でしたっけっていうぐらいカーネーションを我がものにしていて、芸歴49年のミュージシャンってとんでもねえなと思いました。

自由へ道連れ

24年前、アイドル発掘のオーデイションと知らずにホリプロのスカウトキャラバンに出場した林檎姉さん。あなたの曲をアイドルが歌う世界を、その頃は誰も想像していなかったでしょう。私立恵比寿中学、初めて聴いたけどめっちゃいいですやん。耳元で囁かれてドキっとする。

NIPPON

林檎さんはこここう歌うよなぁとかLiSAさんの歌を聴いているのに逆に林檎さんの声や歌いかたがくっきりと浮かびあがってくる不思議。そして今まで何度も聴いたNIPPONを初めて聴いたときぐらいの興奮と新しさが襲ってきた。cheers!cheers!この曲オープニングのアニメが放映される未来が見えました。

ありきたりな女

私この曲椎名林檎の曲の中で10本の指に入るぐらい好きなんです。母になった喜びと寂しさがないまぜになった複雑な感情が歌詞からも曲からも感じられて。松さんが歌うと林檎さんの女感よりも圧倒的に母感が響いてくる。私お父さんだけど母親になった女性の気持ちがわかった気がして泣いてしまいました。

このアルバムを正しい街から始めてありきたりな女で終わらせるという曲順を決めた人に「まじであんた椎名林檎のことわかってんね!」と言いたくなったが曲順を決めたのは椎名林檎本人だろうと気づいた。

まとめ

椎名林檎さんが今まで参加してきたスピッツのトリビュート「一期一会」、ユーミンのトリビュート「Dear Yuming」、宇多田ヒカルのトリビュート「宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-」を聴きながら、その度に「もし林檎さんが歌われるなら......」と妄想を膨らませていた日々が懐かしい。

20周年、ついにその果実が実った。

アダムとイヴ達に収穫されたその果実はとても、贅沢な味がした。

車通勤が暇すぎて運転しながら読書する方法を見つけてしまった

f:id:ryumachi3:20180415054816j:plain

読書したいけど時間がない。

前は電車通勤だったけど今は毎日車通勤。車通勤ってほんと暇。音楽も何回も同じの聴いてると飽きてくるし...。

そう思っていたんだけど今は電車通勤の時より読書時間が増えた。

どういうことか?

車通勤の時間って無駄すぎ

毎日の車通勤の時間ってけっこうな時間を取られる。片道1時間としたら1日で2時間。20日出勤したとしたら1ヶ月で40時間にもなる。前はiPhoneやカーナビに入れた音楽を聴いてたけどこれをひと月40時間も繰り返してたらさすがに飽きてきた。朝眠くなるし...。

電車通勤のときは本が読めてたのになー。車通勤でも本読みたいなー。そんな夢みたいなことをずっと考えていると車を運転しながら読書する方法をまじで編み出してしまった。

車を運転しながら読書する方法

それでは早速その魔法みたいな読書方法を説明しよう。

1.Kindleアプリを用意する

まずはiPhoneアプリでKindle(電子書籍)アプリを落として読みたい本を買おう。

Kindle

Kindle

  • AMZN Mobile LLC
  • ブック
  • 無料

2.iPhoneを設定する

iPhoneの「設定」アプリを開いて、「一般」→「アクセシビリティ」→「スピーチ」とタップしていく。「画面の読み上げ」をONにする。これで準備はオッケー。

3.二本指で画面をこする

それではKindleアプリで読みたい本を開いてみよう。その状態で画面上端から二本指でこする(スワイプする)となんとSiriが本を読んでくれるのだ。

注意点

画面をロック(暗く)すると1ページ読んだだけで読むのが止まっちゃいます。なので画面はKindle画面を開いたままにしておきましょう。

これで基本的にはKindle本の文章を延々と読み続けてくれるからそのまま運転できるんだけど、図だけのページとかがあるとそこで読むのがストップされちゃいます。その場合は指で次ページに進んでからもう一度二本指でスワイプ。

画面操作は必ず赤信号などで車が停止している時ににやろう!

自動速読の時代?

これやってると「未来を生きてるな」って感じします。言ったら読み聞かせロボットに本を読んでもらってるみたいなもの。ほんとスマホってすごいよね。

で、ここまで読んだ人は「聞いただけで意味あるのかよ?」「聞いただけでは身につかないでしょ?」とか「ちゃんと読めよ」とか色々な意見を言いたくなると思うんです。僕もそう思いました。

だけど半年以上試した感覚としては以下のような感じで問題なさそう。

  • 一周だけじゃなくて何周も聴いてるとけっこう頭に入ってくる
  • Kindleで買った本だから通勤時間とかに一通り聴き終わった本を時間がある時にちゃんと自分で読むこともできる(一通り内容が頭に入ってるから理解が早い)

これって速読っぽい。目だけで本を読むやつ。それの耳版みたいな。速読をiPhoneが自動でやってくれる。「自動速読」と名付けてもいいんじゃないだろうか。

オーディオブックより良さそう

聞く読書と言えばオーディオブックというのもあります。機械の音声じゃなくてちゃんと人が朗読してくれているやつ。AmazonのAudibleというのも試してみたけど以下のような感じで自分の場合はこのKindle + 読み上げの方が良さそうだと思いました。

  • 音声で聴いた後に目でも読みたくなる
  • Siriの音声でも全然苦痛じゃない

ちなみにAudibleより安いし後で読み返せるので月額読み放題のKindle Unlimitedを契約してます。

分厚い本も怖くない

この読書方法を編み出してからというもの読書量がだいぶ増えた。「思考は現実化する」とか「7つの習慣」とか分厚くて読める気がしない分厚い本も平気で読めちゃいました。薄い本より分厚い本買ったときのほうが得した気分になるという。

運転以外でもいろんなシーンで読書

この自動速読は通勤の時ぐらいにしか試してないけど他にもいろんなシーンで使えそう。

  • 寝ながら読書
  • 家事しながら読書
  • ランニングしながら読書

他にもありそう。

まとめ:スマホすごい

ほんと技術の進化すごい。読み上げ機能もすごいし、最近は音声入力もめっちゃ精度高いし。この前はカメラで撮影した文章を文字に変換してくれるアプリを使ったんだけどこれも精度高くてとても便利だった。こんなのが無料で使えちゃうからすごい。

Photo by Leah Kelley from Pexels

 

【映画感想・評価】グレイテストショーマン「目を開けて夢を見よう」

f:id:ryumachi3:20180311070215j:image

先週見た映画ドラえもんの宝島が良すぎて、またなんか映画見たい!ってなって、評価がめちゃくそ高いグレイテスト・ショーマンを見てきました。

感想は曲が最高!映像が最高!高まる!ストーリーは薄め。って感じでした。

グレイテストショーマンとララランドを比較した評価

この映画、去年のララランドとよく比較されてます。見る前は制作スタッフが一緒なのかと思ってましたが歌詞を作った人と一部の楽曲の作曲者が同じなだけなんですね。勘違いしてた。自分なりの評価としては楽曲と演出、映像の素晴らしさはグレイテストショーマンのほうが俄然上でした。超テンション上がるよこの映画。

でもストーリーはララランドのほうが秀逸!ラストめっちゃおおおってなったもん!

それもそのはず、グレイテストショーマンの監督はMVやCMのヴィジュアルエフェクトを手がけてきたクリエイターであるマイケル・グレイシーという方だそうです。ちなみにこの作品が初監督。

ララランドはまだ32歳ながらアカデミー賞を受賞し、脚本家としても評価されているデミアン・チャゼル監督です。

両作品でそれぞれの監督の得意分野がはっきりと感じられて、どちらの作品もものすごく楽しませてもらいました。 

グレイテストショーマンの感想(ネタばれなし)

というわけでまだ見てない人ももう見た人も楽しめるようにネタばれなしで感想書きます。

楽曲についての感想

とにかく曲とダンスと映像が最高に楽しかったしそれを見るための、この高揚感を味わうための映画だと思います。絶対に映画館で見てほしい。映画を観終わったというよりライブを見たあとの余韻のほうが近いかも。

とにかく楽曲のクオリティがくっそ高いです。曲もだし歌詞もだし。映画中に使われる曲(歌)の数が多いのにその全てが感情を揺さぶるんですよね。もう全部が神曲といっても良い。

この方のイラスト見たらわかりやすい。

曲(歌)とダンスを中心に物語が展開していくからもうなんか神曲だらけの1枚のオリジナルアルバムを通して聴いてるみたいな、そんな感じ。しかも全ての楽曲に超高クオリティなMV付きみたいな。そんな映画です。

その中でも一番好きだったのがスウェーデン人オペラ歌手のジェニー・リンドが歌っていた"Never enough"という曲です。まじでこの歌には翻弄されました。もうこの人の歌だけで20曲ぐらいセトリ組んで聴きたいぐらい。このシーン、観客が「アンコール!」と言って別のシーンに切り替わるんだけどまじでアンコールしてほしかった。

物語と歌詞についての感想

ストーリーは薄めとか言いましたがストーリーも十分おもしろいです。特に曲の歌詞にストーリーが入っていて、その歌詞が素晴らしすぎて勇気をもらえたり震えたり、曲だけじゃなくて歌詞にも感情揺さぶられまくりです。

特に「目を開いて夢を見よう」って歌詞が映画中も映画見たあともずっと残ってます。僕ワンオクの努努(ゆめゆめ)って曲の「夢は見るもんじゃなく叶えるもんでしょ?」ってフレーズが大好きなんだけどそれに近いものがあるよね。

映像についての感想

僕趣味で動画作ったりするんですがこの映画の映像にはほんと惚れ惚れしました。映画冒頭のシーンから少年時代のシーンへの切り替わりのとことか「あーー!これうまい!」って心の中で叫んだし、アパートの屋上で踊るシーンとか「え?これ実写なの??実写じゃなかったとしてCGだったとしてどうやったらこんな映像作れるん??」って混乱と興奮と感心の波がいったりきたりでした。さすがヴィジュアルエフェクトクリエイター。弟子にしてくれ。

ほんと映画のどのシーンを切り取っても迫力と美しさを同時に感じるんです。全てのシーンのビジュアルがちゃんと計算されているというか。デザインされている。ずっと美しくてずっと楽しい。

役者についての感想

役者というかダンスというか振り付けのレベルの高さが半端なかった。ダンスがキレキレなのはもちろんのこと、「何回撮り直したらこの完璧な映像撮れるの?」っていうぐらい難易度高いシーンがいっぱいありました。本当にみんなすごい。酒場で主人公バーナムとフィリップが契約交わすシーンとかめちゃかっこいいんだけどこれ何回目で成功したんかな...って気が遠くなるほど完璧です。ハリウッドってすげーな。

扱っている社会問題についての感想

この映画を見ると最近(というよりけっこう前?)からよく耳にするダイバーシティというワードが思い浮かびます。ちなみにダイバーシティとは性別や人種などが違う多様な人材を積極的に活用しようという考え方。まさに主人公バーナムがやった行動そのものですね。

あとこれは監督が意図しているのかどうかはわからないけどショーに反対する住民達のデモが昨今の日本のTwitter含むインターネット上の炎上を想起させて、どの時代でもどの国でも人間がやることって一緒だなーと思いました。アメリカでもTwitterの炎上ってあるんやろか。あるわな。

主人公についての感想

主人公がショーに人を呼ぶためにあれやこれやと知恵を働かせるんだけどその辺りの行動力とか広告戦略とかこの人がいたら現代でも通用するよなーと思って感心しました。たぶん登美岡高校ダンス部にグレイテストショーマンのダンス踊ってもらってPR動画作ったのとかも主人公に触発されて出てきたアイデアなんじゃないかと勝手に思ってます。現代にP・T・バーナムがいたらこういう広告するだろうみたいな。

まとめ:目を開けて夢を見よう

何回も言いますがこの映画の「目を開けて夢を見よう」ってメッセージが大好き。"This is me"っていうメッセージも好き。この映画を見たら絶対勇気が湧いてくる。誰だって、何だってできる。この映画を見たその日から。やろう。夢を見よう。動き出そう。