本とのこと

本と映画と音楽の話。

映画

邦画好きが選んだエンドロールがエモい邦画10選

映画のエンドロールが好きです。本編よりもなによりもあの時間のために映画を観ていると言っても過言ではない。 映画本編を真剣に観た人だけに与えられるご褒美。スーパー余韻タイムである。映画のエンドロールで聴いた曲たちはかなりの確率で好きになる。 …

ララランドは不完全【感想・評価・レビュー】

出典:gaga.ne.jp この世で一番退屈な時間って車の渋滞待ちかもしれない。この世で一番ハッピーな時間ってミュージカルを見ている時間かもしれない。 一番退屈な時間を一番ハッピーな時間に変えてくれる冒頭シーンがもう「これは間違いない」って教えてくれ…

「愚行録」嫌な映画【ネタバレなしの感想・評価・レビュー】

カルテットで増した満島ひかりさんの好きさと、妻夫木聡さん主演なら間違いないという安心感と、妻夫木&満島といったら悪人を思い出すし、この映画のタイトルや雰囲気も監督は違うけど「悪人」や「怒り」を連想させるし、見たい要素がいっぱい。 というわけ…

2歳児・3歳児のクリスマスプレゼントにディズニー映画・ピクサー映画をおすすめしてみる

ファインディング・ドリー わが家には2歳の子供(女の子)がいる。あと数ヶ月で3歳。そしてもうすぐあのイベントがやってくる。クリスマス。 2歳の子供ってまだ自分で「これがほしい!」っていうものがないからクリスマスプレゼント何がいいのかなーと悩…

「ミュージアム」しんどい【映画感想・評価】

出典:pbs.twimg.com 「見たいわー」と母といとこがこの前言っていたのを聞いてからずっと気になっていた。映画「ミュージアム」観に行ってきた。前情報としてカエル男の正体とワンオクが主題歌なことぐらいしか知らなかった。 感想はしんどい。もう二度と見…

デスノート2016のよかったところとつまらないと言われる理由【映画レビュー・感想・評価】

出典:109cinemas.net 昨年やっていたデスノートのドラマがおもしろくて毎週楽しみに見ていた。最終回で終わるのがさみしいくらい。そんなドラマ最終回の後にデスノートが2016年に映画化決定!のCMが入って胸が踊りました。めっちゃ楽しみにしてた。日テレさ…

【映画感想】「何者」は大学生版「桐島、部活辞めるってよ」なのかも

出典:i.ytimg.com 去年朝井リョウさんの小説を初めて読んだ。それが「何者」だった。小説がすごくおもしろかったから映画も見たくなって、とりあえず他の人のレビューとか読んでみるとあんまり評価良くなかったのでうーんと迷っていた。 結局見た。 感想は…

【映画感想】「怒り」を見て「悪人」を見て息が苦ししい

久しぶりの土曜日休みで出かけた後、まだ時間が早く、せっかくの休日をまだ楽しみたいと思ってTSUTAYAで映画でも借りようと思いついた。一週間前に映画館で「怒り」を見て、すごく良かったので同じく原作:吉田修一×監督:李相日がタッグを組んだ「悪人」を…

【映画感想】「怒り」を見て途方に暮れた

予告を見て「この映画は絶対おもしろい」と確信。見たいな〜と思っていたら公開初日に友達からすごく良かったとLINEが届いたので絶対に見ようと決めていました。すごく良かった。 感想は感動する映画でもないし楽しい映画でもない。言葉にできない鋭い何かで…

【映画感想】大人だけど「君の名は。」でキュンキュンした挙句泣いた

「君の名は。」を見た。 公開されたら見たいと思っていたけどテレビでもネットでも「良い」「良い」って言われていたしこの前見に行った友達から「3回くらい泣いた」って言われていたから「これハードル上がりすぎてがっかりするパターンや」と思って見る前…

【映画感想】ピンクとグレー

昨年の年末に赤羽の本屋で「ピンクとグレー」という小説を買った。ぱっとタイトルが目に入って、タイトルがいいなと思って(デザインとしてグレー地にピンク文字ってかっこいい)、ジャケ買いならぬタイトル買いをした。著者はNEWSの加藤シゲアキと書いてい…

シンゴジラという社会現象

シンゴジラの興行収入が今年の邦画トップになりそうな勢いとのこと。シンゴジラがどんどん盛り上がってきて楽しい。ZIPでゴジラが火吐くシーンとか会議のシーンが出てきてまた見に行きたくなった!すでに感想は書いたけどもっと語りたくなった。こんなに語り…

【映画感想】シン・ゴジラの何がよかったのか

話題になっていたシンゴジラ。話題になっていたレビューを読んだら見に行きたくて仕方がなくなって先週早速見に行ってきた。 シンゴジラを見た感想 最高!ちょーおもしろかった! もう見た後は、「今すぐ映画館に行って見て!!!感想聞かせて!!」って会う…

【映画感想】世界から猫が消えたなら

もしもこの世界から猫が消えたなら、一体どうなってしまうんだろう。 この映画のあらすじ もうすぐ死ぬと医師に宣告された主人公(佐藤健)。この世にある「なにか」を1つ消すことで余命を1日延ばしてもらえる。消えるというのは、その時点から消えるのでは…