本とのこと

本と映画と音楽の話。

埼玉最大の音楽フェス「VIVA LA ROCK 2016」とは?チケットの入手法は?

ビバラロック時のさいたまスーパーアリーナを外から見た写真

「フェス」、聞いただけでワクワクしてきます。僕の趣味というか生きがいみたいなものなんだけど、音楽ライブに行くのが大好きなんです。今回は埼玉最大の音楽フェスである「VIVA LA ROCK 2016」という「春フェス」に行ってきました。

春フェスとは?

近年は「空前のフェスブーム」という波が来ているらしく、昔は音楽フェスといったら夏に開催される「夏フェス」ぐらいしかなかったけれども、今の時代は、秋に開催される「秋フェス」、冬に開催される「冬フェス」、そして春に開催される「春フェス」。今やいろんな場所でいろんな季節に音楽フェスが開催されています。「VIVA LA ROCK」は春に開催されるため、春フェスに分類されます。

VIVA LA ROCK(ビバラロック)とは?

ビバラロックは埼玉県最大の音楽フェスです。略称は「ビバラ」。音楽雑誌「MUSICA(ムジカ)」の創刊者でもある音楽ジャーナリストの鹿野淳さんがプロデュースしています。毎年GW期間中に開催されていましたが、VIVA LA ROCK 2016は埼玉スーパーアリーナの改修工事のために、5/28、5/29の2日間に渡って開催されました。通常、大型の音楽フェスは広い敷地を必要とするため、そこに行くためにはシャトルバスか、自動車を使うしかないようなアクセスが不便な大規模公園などで開催されることが多いです。しかし、VIVA LA ROCKはさいたま新都心駅から徒歩0分という位置にあるさいたまスーパーアリーナで開催されるため、大型音楽フェスには珍しく超アクセスしやすい「都市型フェス」なんです。さいたま新都心駅には東京駅からならJR上野東京ラインで一本で30分程度で行けます。これは行きやすい。

VIVA LA ROCKのチケットの入手方法

チケットはイープラス、ローソンチケット、チケットぴあから購入できます。2015年まではソールドアウトはありませんでしたが、2016年は人気のアーティストの出演が重なり、5/28の一日券と、5/28〜29の二日券が開催の3日前にソールドアウトしました。チケットの確保はお早めに。

毎年会場で当日券も販売されています。VIVA LA ROCK 2016では午前9時頃からさいたまスーパーアリーナAゲートで200枚程度の当日券が販売されて、30分程で売り切れました。確実にゲットするには朝7時、8時ぐらいから並ぶ必要がありそう。

VIVA LA ROCK2016出演アーティストの紹介

ビバラロック2016に出るアーティストのラインナップを見た瞬間、ぼくは「おおおおー埼玉県民でよかったああーー!!!」(※実際は岡山県民です)となりました。

凛として時雨

まず目に入るのは「凛として時雨」の文字。このバンドは何度もライブに足を運んでいて本当に大好きなバンドです。(このバンドのボーカルのTKは「TK from 凛として時雨」という名前でソロ活動もしていてこのソロ曲もとても良いです。ちなみに先月は東京ドームシティホールに初めてTK from 凛として時雨のライブを見に行ってきました。このライブも最高でした。)でもこのバンド、今までフェスというものには数えるほどしか出ていません。フェスに出ること自体が貴重なんです。レアなんです。これもひとえに主催者の鹿野淳さんの人柄と埼玉県という土地(凛として時雨のメンバーは全員埼玉県出身)のおかげですね。ありがとう鹿野さん。ありがとう埼玉。

サカナクション

次に1日目のトリを務めるサカナクション。数々のCM曲、ドラマ主題歌、映画主題歌も手がけ、いまやお茶の間でも有名になっているこのバンド。このバンドは他の出演バンドよりワンランク上をいっている感じ。演出も素晴らしく踊れるため、初めての人でもきっと楽しめるはず。ちなみに僕はこの「ネイティブダンサー」という曲ではまりました。

フレデリック

このバンドはここ最近の注目株バンド!メジャーデビューしたばっかりなのですが2014年にリリースされたアルバム名と同名の「オドループ」という曲が、若者から芸能人まで、中毒者を続出させている。youtubeの再生回数は現在1000万再生を超えている。恐るべし。ちなみに僕は「オワラセナイト」という曲ではまりました。曲のパターンは「オドループ」に似ているんだけどくせになる〜。
今の一番のお気に入りは6月にリリースされる「オンリーワンダー」という新曲です。この曲のMVがおもしろくって、甲子園のスタンドっぽい場所で応援する女子高生たちが曲に合わせてめっちゃキレキレのダンスを踊るんです。すごい迫力。見てて気持ちいいんです。大好きです。このバンドはまだ1回もライブ見たことがなくて1番楽しみかもってぐらい楽しみにしていました。

ぼくのりりっくのぼうよみ

これはバンド名じゃなくて個人名です。これまたここ最近の注目株。僕はZIP!で特集を見て「これは!」と思ってすぐにアルバムを買ってはまりました。曲はおしゃれで、でも鋭くて、でも聴きやすくてすごく耳に心地がいい音と声をしています。この人まだ18歳で東大を目指すぐらい頭が良くて(東大は落ちてこの春から別の大学の学生らしい。)話題性も抜群。この若さですごいすごいと周りの大人に騒がれていて(僕もその大人の一人)なんだかまるで宇多田ヒカルのデビューした時みたいな感じです。若い才能ってなんだかわくわくしますね。これからが楽しみなアーティストの一人です。

オーラルシガレッツ

このバンドも注目バンド。ぐいぐい人気が出てきています。僕は「気づけよベイビー」って曲ではまりました。声がちょっとビジュアル系っぽいから苦手な人は苦手かも。このバンドもアルバム聴いてたから見るのを楽しみにしていました。

水曜日のカンパネラ

このアーティストも注目株!今やお茶の間の人気者になりつつあります。ヤフオク!のCMに曲も本人も使われていたので知っている人も多いはず。ちなみに「水曜日のカンパネラ」というのはユニット名で、ボーカルのコムアイ、作曲のケンモチヒデフミ、それ以外全部担当のDir.F(それ以外全部って何なにあるんだろう)の3人組なんです。表に出てくるのはコムアイだけ。「桃太郎」って曲でヒットしてその後どんどん売れてきました。ちなみにこの曲が入った「私を鬼ヶ島に連れてって」というアルバムのツアーファイナルは僕の出身の岡山県でした。もちろん行きました。水曜日のカンパネラのライブってほんと「縦横無尽」という言葉がぴったりで、会場のあっちからこっちまで使ってみんなを楽しませてくれます。そしてこのコムアイの変人のようであり普通の女の子のようでもありという絶妙なバランス感覚がいいです。ちなみに僕は「メデューサ」という曲が一番好きです。 

VIVA LA ROCK 2017(ビバラロック2017)について

ビバラロック2017は例年通りGW期間中の5月3日、5月4日、5月5日に開催されるそう。5月6日は同じくさいたまスーパーアリーナで開催されるスガシカオの「スガフェス」とのコラボも発表されている。ビバラ2017も行きたい!