本とのこと

本と映画と音楽の話。

椎名林檎ファンが見たリオパラリンピック閉会式「Positive Switch Tokyo 2020」の感想

リオパラリンピック閉会式「Positive Switch Tokyo 2020」を見た。オリンピック閉会式に引き続き、パラリンピック閉会式も音楽プロデュース椎名林檎はじめ、ライゾマティクスやMIKIKOさんなど同じクリエーター陣でプロデュースしているということだったので楽しみにしていた。

今回の引継ぎ式も素晴らしかった!

www.youtube.com

そして今回も椎名林檎ファンの心をくすぐる演出がいっぱい。

 

リオパラリンピック閉会式「Positive Switch Tokyo 2020」の演出全部

リオ→東京へ旗の引継ぎ

パラリンピックの旗がリオデジャネイロ市長→IPC(国際パラリンピック委員会)クレーブン会長→小池百合子都知事へ受け継がれる。小池百合子都知事はオリンピック閉会式の時の着物とは変わって、黄色い蛍光色の洋服。洋服の正面には翼を広げた鶴の絵が描かれている。洋服の形も鳥の翼のようなマントのような形。

君が代でスタート

スクリーンに赤い日の丸にマイクのマークが入ったSiri風の画面が映し出される。「皆さま、日本国国家です」とSiri風のナレーション。同じく「o hino nacional do japão」とブラジルポルトガル語でもナレーション。

オリンピック閉会式と同じバージョンの君が代が流れてスクリーンと会場が真っ赤に染まる。スクリーンの赤がだんだんと縮まって日の丸になる。

ありがとうの人文字

ここで流れる曲はオリンピック閉会式でも使われた椎名林檎の「望遠鏡の外の景色」という曲。

望遠鏡の外の景色

望遠鏡の外の景色

  • 椎名林檎
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

日の丸が「RIO」の文字に変わり、それがまた「RIO」の文字を含んだ「OBRIGADO」「ARIGATO」の文字に変わり、世界中の言葉の「ありがとう」の文字が映し出される。東日本大震災で被災地となった学校の生徒による人文字で世界中からの支援への感謝の気持ちを表している。オリンピック閉会式の時は人文字のバックが白地だったけど今回は地面をそのまま使っていたので人文字あることがよくわかる。あと「MERCI」の文字だけわちゃわちゃ動いてかわいかったけどわざとなのかな(笑)

1964年東京パラリンピックを振り返る

「2016」の数字がカウントダウンされて「1964」になり、1964年東京パラリンピック大会のポスターが映し出される。

The first official Paralympic Games where held in Tokyo.

日本語訳:最初の公式パラリンピック大会は東京で開催された。

1964年当時のパラリンピック大会の白黒映像が映し出される。

The first Paralympic gold medallists
from Japan were Fujio Watanabe and Yasunori Igari.

日本語訳:日本の最初のパラリンピック金メダリストは渡部藤男(わたなべ ふじお)さんと猪狩靖典(いがり やすのり)さん。

二人は卓球のペアとのこと。

They were shocked by the atheletes from abroad, who had jobs, went shopping, and enjoyed drinking.

日本語訳:彼らは、外国人選手達が仕事を持ち、買い物やお酒を楽しんでいることに衝撃を受けた。

 They were like everyone else! -- F.Watanabe

日本語訳:彼らは皆(健常者)と同じようだった!--渡辺さん

横に倒れた「!」(ビックリマーク)の文字が立ち上がる!

The Paralympics changed their sense of values.

日本語訳:パラリンピックで彼らの価値観が変わった。

年を取った渡部藤男さんと猪狩靖典さんの姿→1964年当時の2人の姿が映し出される。

"Having an impairment can bring new possibilities..."

日本語訳:障害を持つことは新たな可能性をもたらす

POSITIVE SWITCHの文字のバックにいろいろな競技のパラリンピック選手が映し出される。

2020年東京パラリンピックを想像する

「1964」の数字がカウントアップされて「2020」になる。2020東京パラリンピックのエンブレム→「THE 2ND PARALYMPIC GAMES IN TOKYO」の文字。

POSITIVE SWITCHのOの部分が日の丸型のスイッチとなっていて、そのスイッチを指で押す。

真っ赤な日の丸風の背景から登場したのは、義足モデルのGIMICO(ぎみこ)さん。白いスイッチを義足で蹴り上げてONにする。夜の首都高を走ってるっぽい映像の前に座るGIMICOさん。渋谷のスクランブル交差点に横たわる巨大なGIMICOさん(ここめっちゃかっこいい)。東京の街をバックにパラリンピックのアスリート達の映像が映し出される。GIMICOさんの義足が床屋の回る看板→けん玉→お団子→提灯→エビ天→でんでん太鼓などいろいろな日本的な細長いものに変わり、最終的にスカイツリーになる。

義足モデルGIMICOさんとAyaBambiのパフォーマンス

会場のステージにダンサーAyaBambi、その間に義足モデルのGIMICOさんが登場する。スクリーンには大きく「GIMICO」の文字。ここで流れる曲は椎名林檎の「決定的三分間」という曲!

決定的三分間

決定的三分間

  • 椎名林檎
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

スクリーンには「はかり」のような映像。ギミコさんは中学二年生で骨肉腫となり右脚を切断。義足を自分のアピールポイントにしてモデル活動をしているそう。スクリーンには東京駅の駅舎で作られた模様などが映し出される。

義足ダンサー大前光一さんのパフォーマンス

ステージが暗転し、スクリーンにKOHICHI OMAEの文字。ステージに横たわる義足ダンサー大前光一(おおまえこういち)さんが登場する。切断された左脚にライトが取り付けられていて、その足が生き物のように動く。大前さんは13年前の23歳の時にダンサーを目指していた矢先、交通事故で左膝より先を失った。失意の底から立ち上がり、現在は左脚を活かしたダンスを追求しているそう。

スクリーンにはモノクロの空間を大前光一さんのダンスの動きに合わせてライゾマティクスによる動くモーションキャプチャのポリゴンと東京のビル群が映し出された。

視覚障害者 檜山晃さんのパフォーマンス

真っ赤な日の丸風の背景から杖を持って登場したのは視覚障害者の檜山晃(ひやまあきら)さん。

Even if I can not see.

日本語訳:私は見ることができなくても。

I can see in my mind.

日本語訳:心で見ることができる。

I wish to share the image of TOKYO

日本語訳:東京のイメージを共有したい

枕草子の一節「春はあけぼの」「夏は夜」「秋は夕暮れ」「冬はつとめて」のナレーションが日本語と英語で同時に流れる。スクリーンにはモノクロの東京の街をバックに春や夏や夜などの漢字と英文が映し出される。

I want to be with you now.
日本語訳:あなたと一緒にいたい。

In summer come the nights.

日本語訳:夏に来たる夜に。

上の詩をダンサーが日本語の手話で表現し、そこから手話風のダンスが始まる(ここMIKIKO先生らしい振付けでめっちゃかっこいい)。

東京は夜の7時〜リオは朝の7時

車椅子のダンサーが登場する。ここで流れる曲はピチカートファイブの「東京は夜の7時」を元東京事変の長岡亮介がこのプレゼンテーションのためにカバーした「東京は夜の7時〜リオは朝の7時」というもの。

東京は夜の七時

東京は夜の七時

  • 野宮 真貴
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

スクリーンには夜の東京タワーや東京の夜景や渋谷のスクランブル交差点を行き交う人々などが映し出される。

視覚障害者の檜山晃さんも杖を頼りにステージ前方へ歩き始める。ダウン症の2人のダンサーも登場する。義足ダンサーの大前光一さんと手話風ダンサーも合わせて踊る。檜山晃さんの後ろを義足モデルGIMICOさんとAyaBambiも胸の前に両手を合わせて追う。その後ろから出演者全員集合。スクリーンには富士山と東京の街並みのオブジェと真っ赤な日の丸。東京は夜の7時。SEE YOU IN TOKYO!

椎名林檎ファンが喜んだリオパラリンピック閉会式の演出

オリンピック閉会式の「トーキョーショー」に引き続き、パラリンピック閉会式でも椎名林檎ファンが興奮する小ネタがいっぱいあった。

  • 最初の曲、椎名林檎「望遠鏡の外の景色」今回は林檎さんの歌部分入ってた!そして原曲と歌詞変えてた!
  • 今回はAyaBambiがステージに出演!(ここ最近の椎名林檎ライブ、メディア出演時のダンサー)
  • 「望遠鏡の外の景色」からの「決定的三分間」!アルバムと曲順一緒!
  • AyaBambiが踊る決定的三分間って!林檎博'14だー!真ん中林檎さんからGIMICOさんに変わっただけだー!
  • プレゼンテーション映像作成は今回も児玉裕一さん(椎名林檎、東京事変のMV、ライブ演出映像作成を務める映像監督であり椎名林檎の旦那さん)
  • 大前光一さんパフォーマンス時のベースソロを鳥越啓介さんが担当(椎名林檎のレコーディング、ライブサポートも度々務める音楽家)
  • GIMICOさん、大前さん、檜山さんが出てくるところのナレーション林檎さんが喋ってるよね!今回は曲の歌詞部分もあるしプロデューサーちょいちょい表に出てる!
  • ダンス振付けは今回もMIKIKO先生(ここ最近の椎名林檎ライブ、メディア出演時の振付けを担当している)
  • 東京は夜の七時のカバーが浮雲!(東京事変の元ギタリスト。東京事変解散後もコーラスやギターで度々椎名林檎のサポート)

椎名林檎が「望遠鏡の外の景色」という曲を使ってオリンピック批判?

オリンピック閉会式でもパラリンピック閉会式でも使用された「望遠鏡の外の景色」という曲。この曲は野田秀樹さん演出の舞台「エッグ」のために書き下ろされた曲。「エッグ」がオリンピックを、戦争と結びつける装置として批判的に捉えたものだったため、この曲を閉会式の演出で使ったことがネット上で物議をかもしていた。真相はどうなのかわからないけどそういう意味深なところもファンとしてはかっこいい!と思ってしまう!というか林檎さんは東京事変の時代からアルバムのジャケットを金メダルにしたり、アーティスト写真やMVをオリンピック風にしたりするぐらいオリンピック大好きな人なのでオリンピックに批判的な気持ちは全く持ってないと思う。

椎名林檎は2020年東京五輪開会式も担当するの?

パラリンピック閉会式も素晴らしかった!世界からも国内からも評価されたオリンピック、パラリンピックの閉会式。だから当然東京のオリンピック開会式、パラリンピック開会式の演出も同じクリエーター陣で担当することが決まっていると思っていたんだけどどうやらそういうわけでもないみたい。あくまでも林檎さん達はリオオリンピック閉会式の引継ぎ式の担当とのこと。これだけ評価が高い素晴らしいパフォーマンスを作ってくれているのだから是非とも東京五輪開会式も作ってほしいし、生で見てみたい! 

逆輸入 ~港湾局~ (通常盤)

逆輸入 ~港湾局~ (通常盤)