読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とのこと

本と映画と音楽の話。

【映画感想】「怒り」を見て途方に暮れた

予告を見て「この映画は絶対おもしろい」と確信。見たいな〜と思っていたら公開初日に友達からすごく良かったとLINEが届いたので絶対に見ようと決めていました。すごく良かった。

感想は感動する映画でもないし楽しい映画でもない。言葉にできない鋭い何かで胸の奥を刺されたような、とにかく重い気持ちになった。

あらすじ

真夏の東京、東京の住宅街で夫婦殺人事件が発生する。殺害された夫婦は風呂場に移動され、殺人犯の男はしばらくその家に滞在後に逃走。家の壁には被害者の血で「怒」という文字が残されていた。男の名前は山神一也。男は整形して顔を変えて暮らしており、1年経っても逮捕に至っていない。

東京、千葉、沖縄、3つの土地それぞれに身元の知れない男が現れる。

東京の大手企業に勤める優馬(妻夫木聡)の前に、直人(綾野剛)という男。

千葉県勝浦の漁港で働く洋平(渡辺謙)、愛子(宮崎あおい)親子の前に、田代(松山ケンイチ)という男。

沖縄の辰哉(佐久本宝)、泉(広瀬すず)の前には田中(森山未來)という男。

それぞれが謎の男を信じて受け入れ始めた矢先、山神一也を追うテレビ番組が放映されたことで、自分達の近くに現れた山神に顔の似た謎の男が犯人ではないかと疑い始める。

果たして彼らは一度心を通わせた男を信じるのか、疑うのか———

映画「怒り」のよかったところ 

3つのシーンの切り替わりが気持ちいい

あらすじにも書いているように、この映画は東京、千葉、沖縄の3つの土地にそれぞれ主人公がいて彼らが絡むことはない。

だけど、千葉シーンから東京シーン、東京シーンから沖縄シーンなど、切り替わりのタイミングが絶妙で気持ちいい。まるでプロのDJの曲と曲との「つなぎ」みたいな。だから最初から最後まで飽きさせない。

「3つ同時」の濃さ

1つの映画なんだけど、まるで同じ事件に関わるオムニバスのドラマを3つ同時に見たような満足感があった。特に後半、だんだんと真相に迫っていき、3つの話の真相が次々に明かされていく展開は息をつく暇がないほど見入ってしまった。

実力のある役者達の迫真の演技

3つの土地にそれぞれ主人公がいて、それぞれの役者は1人でも一本の映画の主人公を張れる実力のある人たち。ただ豪華なだけではない、迫真の演技を見せてもらえるとても贅沢な時間だった。

「真上」からの映像が美しい

映画冒頭のシーン。暗闇の中にいくつもの光が等間隔で並んでいて「いったいここはどこなんだろう?なんの映像なんだろう?」と思っていると、夜の住宅街を真上から見たシーンであることがわかる。住宅街の映像なのにまるで宇宙にいるような幻想的な気分になった。

沖縄の海がしばらく真上から映されてその映像の画面下から船が現れてスクリーンを通過していくシーンはとても美しかった。

映像ひとつひとつに監督のこだわりが感じられて、言うなれば「デザインされた映像」だと思った。

音楽に心を揺さぶられる

予告でも使われている印象的な音楽。劇中の音楽が映画の話の内容と相乗して心を揺さぶってくる。エンドロールで、曲は坂本龍一が作っていることがわかった。この映画の全ての劇中曲を坂本龍一が担当している。さすが大先生は人間の心臓に響く音を知っている。

映画「怒り」の感想

友人は、犯人はなんとなくわかったと言っていたけど、僕は最後の最後まで分からずっとはらはらさせられながら見た。途中途中で「あ、この人は犯人じゃなさそうだな」と安心させるシーンがあれば、「あれ、やっぱりこいつ怪しいぞ?」と不安にさせるシーンが3人ともにあって、誰が犯人なのかわからなくなった。この映画に限らず映画や小説全般に言えることだけど、騙されやすい人のほうがミステリーって楽しめるよね。

あとこれは個人的な話なんだけど今年初めて沖縄に旅行に行ったり、この映画を見る数日前にBEGINのライブを観に行ったりしていた。沖縄に対してすごく親近感が湧いていた中で、この映画で沖縄のある社会問題を投げかけられて途方もない気持ちになってしまった。その問題は映画で解決されることはなく投げかけられて終わった。おれはどうすればいいんだろう広瀬すずちゃん。

千葉編では役柄的にも自分の年齢と近い松ケンと宮崎あおいよりも、娘を心配する渡辺謙の方に感情移入してしまって、自分も父親になったんだなーと思った。

東京編の妻夫木聡と綾野剛は役になりきるために本当に共同生活をしていたらしい。演技を見ているとほんとにそっちの人のオーラが出ていて役者ってほんとすごい。

犯人の山神一也の「思ったことを壁に書いてしまう癖」があるという設定は、思ったことをそのままインターネットのtwitterや2ちゃんねるに書き込んでしまう現代人の比喩なんだろうなー。

映画から見るか小説から読むか

原作が小説の映画っていつも小説から先に読むべきか、映画から先に見るべきか迷う。この映画は原作を読まずに見た。結果としてはそれがよかった。犯人や物語の真相がわからないまま楽しめるっていうのが良いし、原作の小説を先に読んだ場合だいたい「あそこのエピソード入れて欲しかった」とか「役者の雰囲気が思ってたのと違う」とか粗探しをしてしまうことが多いし。原作の「怒り」上下を読んでから映画を見た人の感想もいくつか読んだけど、原作を読んだ人でも映画は満足できるみたい。

ちなみに映画館を出たあとに本屋にふらっと寄ってふらっと「怒り」上巻を買ってしまった。原作があると映画のパンフレットを買う気持ちで小説を買えるからいいよね。

まとめ

映画のタイトルの「怒り」は、犯人の怒り、犯人への怒り、社会への怒り、相手を信じることができなかった自分への怒りなど色々な怒りが集約されているのだと思う。それらの「怒り」と、人を信じることの難しさとつらさと危うさ、誰に「怒り」をぶつければいいのかわからない現代社会の問題のどうしようもなさなどが一気に襲ってきて映画鑑賞後は途方に暮れた。その反面、役者の演技と映像の技の上手さとか技術的な部分感動させられるし、なんて複雑な感情の湧いてくる映画なんだろう。

そういえば「君の名は。」は手のひらサイズの短い動画に慣れきったスマホ世代のための壮大なミュージックビデオだ。だからヒットしたのだ。みたいな揶揄しているような誉めているような記事があったけど、その観点から言うと、一本の話を2時間連続で見るんじゃなくて、三本の話をテンポよく見られる「怒り」もスマホ世代に向いている映画と言える気がした。見ている人を全然飽きさせない。

本当におすすめです。