読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とのこと

本と映画と音楽の話。

活動休止を決めたゲスの極み乙女。のライブが教えてくれたこと

f:id:ryumachi3:20161109235731j:image

先日新木場STUDIO COASTにタワーレコード主催でキュウソネコカミがキュレーターを務めたbowlineというイベントに行ってきた。そこで大トリのキュウソの前に出てきたのがゲスの極み乙女。だった。

ゲスの極み乙女。と言えば皆さんご存知の通りボーカルの川谷絵音さんが年初めのベッキーとの不倫騒動で一気に(悪い意味で)有名になったあのバンドだ。その川谷絵音さんが今度は未成年のタレントほのかりんさんとの飲酒がスクープされたことを受けて、彼の所属するindigo la Endとゲスの極み乙女。の2バンドが活動休止する事態となった。

ベッキーとの騒動後も、indigo la Endもゲスの極み乙女。も勢力的に活動しており、特にゲスの極み乙女。はメジャー3枚目のアルバム「達磨林檎」のリリースを発表、その中の新曲MVや11月から始まるツアースケジュールも発表したばかりだった。これから再起に向かっている中での活動休止は音楽業界にもバンドメンバーにも相当な打撃と衝撃だったと思う。

ベッキーとの不倫騒動前のゲスの極み乙女。への気持ち

自分はゲスの極み乙女。の名前だけは知っていた。インディーズ時代の人気曲「キラーボール」やメジャーデビューシングル「猟奇的なキスを私にして」あたりの頃は曲を聴いてもふーん程度だった。というより「なんかいけすかないなあ」というイメージがあって聴かず嫌いしていた。しかし、メジャー初フルアルバム「魅力がすごいよ」(このタイトルも発売当初はいけすかなかった)がCDショップ大賞2015のBEST ARTIST賞に輝いた。

バンドらしく各パートがとても活き活きしていて、イヤホンから流れる音に全て持って行かれてしまう。聴いていると気持ち良いので、思わず歩く歩幅やペースが変わったりします。(笑)ジャンルの垣根を越えて、何故か「クラシックは聴いていてとても心地良い」と再認識させてくれる名盤!!(TSUTAYA名寄店 / 高橋伶於)

» 第7回 全日本CDショップ店員組合

上記のCDショップ店員さんのコメントにつられるようにして初めて真剣にゲスの極み乙女。の曲を聴いた。印象が一気に変わった。お洒落で、それでいて楽しくて、それでいてエモくて、最高に心地よい音楽だった。

それからは川谷絵音さんのもう一つのバンドであるindigo la Endのアルバム「幸せが溢れたら」も聴くようになった。こちらもゲスの極み乙女。と似ているようでまた違った良さがあった。ノスタルジーなんだけどそれでいてポップ。そんな印象だった。この辺りで「川谷絵音は天才だ」と確信してゲスの極み乙女。とindigo la Endのアルバムを繰り返し何周も聴くようになった。

その後はコカコーラのCMに「私以外私じゃないの」が起用されて、ゲスの極み乙女。は一躍有名になった。あのしゃべくり007にも出たり、テレビへの露出もたくさんしてお茶の間の認知度も上がり、他のバンドを猛スピードで追い越して一気に誰もが知っているバンドになった。

SMAPへ楽曲提供をしたり、映画のタイアップ曲を歌ったり、紅白に出場したり、2バンドを並行してものすごいスピード感で楽曲のリリースとライブ活動を行いながら川谷さんは「死に物狂いで生き急いでんだ」と歌っていた。「いや、生き急ぎすぎだろ」と心配になるぐらいに。

ベッキーとの不倫騒動後のゲスの極み乙女。への気持ち

件の「ありがとう文集」「センテンススプリング」騒動に僕は相当戸惑った。その気持ちを何かに書きたかったけどこのはてなブログも開設していなかったので匿名でこんな記事まで書いた。(もうだいぶ時間が経ったしそんなに読まれてないので晒す...笑)

要約すると「ミュージシャンが不倫してもそのミュージシャンの曲を聴き続けているファンのことをどう思うか?」という疑問を投げかけた。

この日記には何件かコメントやトラックバックをいただいた。

「ミュージシャンが不倫したらだめなのか」のコメント

いろいろな意見が聞けておもしろかったけど概ね「作品と人間は別なので問題なし」という意見が多かった。”今でもミスチルのファンは大勢いるでFA”という意見には超納得させられた(でも櫻井さんが不倫してたなんて知らなかったのでびっくり)。

そんな意見をもらったものの連日(真相はどうなのかわからないけど)報道される川谷氏の、奥さんへの対応やベッキーへの対応がかっこ悪くてだんだんと愛想が尽きてきた。それと同時に彼のバンドの曲も聴かなくなっていった。なんか聴いても残念な気持ちになるから。

今年の5月に行ったビバラロックフェスにもゲスの極み乙女。が出ていたけどその頃にはもうあんまり興味がなくなっていて、ライブの途中から冷やかし程度に見るだけだった。その時のライブはメンバーみんな表情が険しくてMCもほとんどなくて見ていていたたまれない気持ちになったし曲も響かなかった。それ以降も彼らの曲を自ら聴くことはなかった。

活動休止発表後に偶然ゲスの極み乙女。のライブを観て

ここでやっと冒頭に戻る。先日の土曜日、友人に誘われてbowlineというライブイベントに行った。そのライブで大トリの前に出演したバンドがゲスの極み乙女。だった。

ライブの前は新木場駅でゲスの極み乙女。のTシャツを着ているファンを見かけて「いまこの時期にゲスのTシャツ着てたら道行く人に石とか投げられそうだね(笑)」とか友人と話してた。ゲスのライブもそんなに期待してなかった。 

ハツミ

ハツミ

  • ゲスの極み乙女。
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

  一曲目の「ハツミ」が始まった瞬間、空気が変わった。ちゃんまりの美しいキーボードの音と川谷絵音の切なくて美しい歌声に魅了された。そのまま「シリアルシンガー」「私以外私じゃないの」へと流れ、その後自分がゲスの極み乙女。を好きになったきっかけのアルバムの曲「星降る夜に花束を」が演奏されている間は色々な思いが込み上げてきた。

MCでは川谷さんが主催のキュウソネコカミとの対バン時の思い出を語り、休日課長とちゃんまりをいじり、自虐も加え、以前見たライブとは違いメンバー達の表情にも笑顔が戻り柔らかかった。とても和やかな時間が流れていた。本当にこれがあれだけテレビやネットで叩かれ糾弾された末に活動休止を発表したバンドなのかと疑うくらいに。

「新曲をやります」と言って演奏された曲は、発売中止となったアルバム「達磨林檎」から「シアワセ林檎」という曲だった。発売されない新曲を最後に聴くことができてよかったという思いで曲に聴き入り、ドラムのほないこかが立ち上がりステージ前に登場して川谷さんと交互に歌い始めた時には鳥肌がたって泣きそうになった。その間のサポートドラムとしてindigo la Endの佐藤栄太郎が入っていたことにも胸が熱くなった。最後はライブ定番曲「キラーボール」でライブハウスの観客全体を躍らせた。メンバー4人は肩を組んで挨拶をし、川谷さんが「休止前のワンマンライブ以外で最後のライブなのでなんだか感慨深い」と語っていたゲスの極み乙女。のこの日のライブは幕を閉じた。

この日のライブは、自分が初めてゲスの極み乙女。のアルバムを聴いた時に感じたお洒落で、それでいて楽しくて、それでいてエモくて、最高に心地よい音楽そのものだった。この日出演したどのバンドにもない独自の空間だった。

まとめ:疑問の答え

不倫や彼の一連の騒動を擁護することはできないけれど、あんなにも上質な曲を量産する川谷絵音はやはり天才だと思った。川谷絵音の人間性に問題があったとしても、彼が作る作品にも、彼のバンドのファンにも罪はないし、素直にまた彼らが復帰して彼らが作る音楽を聴きたいと心から思った。この日のライブが今年の年明けに自分が投げかけた疑問の答えを教えてくれたような気がした。

ゲスの極み乙女。ワンマンツアー「林檎を落としたのは、だーれだ」スケジュール

2016年11月10日(木)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2016年11月11日(金)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2016年11月13日(日)周南RISING HALL
2016年11月14日(月)広島CLUB QUATTRO
2016年11月16日(水)福岡DRUM LOGOS 2016年11月17日(木)福岡DRUM LOGOS
2016年11月23日(水・祝)新潟LOTS
2016年11月24日(木)金沢EIGHT HALL
2016年12月3日(土)Zepp Tokyo

この記事もおすすめ

↑ 2016年に買ってよかったもの(CD編)

↑ 2016年に買ってよかったもの(もの編)