本とのこと

本と映画と音楽の話。

椎名林檎はなぜ紅白歌合戦2016で「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO-」を歌ったか【椎名林檎とSMAP】

f:id:ryumachi3:20170105054958j:plain

紅白歌合戦2016。椎名林檎さんが東京都庁前から生中継で披露した「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO-」が素晴らしいと話題になった。東京の夜景やハイレベルなプロジェクションマッピングやエキストラの方々の時が止まるパフォーマンスなど、センスが良くてかっこいい演出。他にもダンサーにayabambiの登場や東京事変の再集結など椎名林檎ファンにとっては感涙もののステージだった。

だけどファンとしては一番気になることがあった。

なんで今、青春の瞬き?

紅白の曲目が発表されてからずっと頭に「?」が浮かんでいたんだけど、紅白のパフォーマンスを実際に見て、なぜ林檎さんが2016年にこの曲を選んだのかがわかってきた。

「青春の瞬き」とは

青春の瞬き

青春の瞬き

  • 栗山 千明
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

椎名林檎が作詞・作曲・編曲を手がけ、栗山千明「月夜の肖像」のカップリング曲として提供したもの。

青春の瞬き

青春の瞬き

  • 椎名林檎
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

後に椎名林檎が他アーティストへ提供した曲達をセルフカバーして2014年にリリースしたアルバム「逆輸入 ~港湾局~」に収録される。

椎名林檎はなぜ紅白歌合戦2016で「青春の瞬き」を歌ったか

収録アルバムのリリース年は2014年だし一般の人にはあまり知られていない曲なのに、なんで2016年の紅白で「青春の瞬き」を歌ったのか。

青春の瞬きは椎名林檎にとって節目の曲

椎名林檎ファンの方ならピンと来ると思うが、「青春の瞬き」は椎名林檎が中心となって結成されたバンド「東京事変」の解散ライブでアンコール曲としても披露された特別な曲。歌詞も「解散」という節目を感じさせる。

紅白の2週間前に初出演したSMAP×SMAP(スマスマ)でも「青春の瞬き」を歌った

林檎さんが初出演した最終回の1週前に放送されたSMAP×SMAP(スマスマ)でも、SMAP×椎名林檎の6人でこの「青春の瞬き」を披露した。曲の前には「椎名林檎の節目の曲」と紹介されていたため、明確にSMAPの解散に宛ててこの曲を選んだことがわかった。

椎名林檎とSMAPの関係

林檎さんはSMAPに対してこれまでに「華麗なる逆襲」と「真夏の脱獄者」の2曲を提供してきた。

椎名林檎はJ-POP職人

林檎さんは過去のインタビューで"『J-POP職人』って自分で思ってる"と語っていた。J-POPの世界で戦うにはどうすれば良いかを考えて曲を作っている旨の発言もよくしていた。

喪服的な衣装でのパフォーマンス

「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO-」は林檎さんも演奏するメンバーも全員全身黒色の喪服のような衣装で演奏をしていた。(※記事の最後に追記あり)

そういえば林檎さんは過去に東京事変として出演したフェス(COUNTDOWN JAPAN 09/10)に、葬式の時に使われる白黒幕(鯨幕)のような衣装で登場したことがあった。フジファブリックの志村正彦さんが亡くなってすぐの時期だったため、この衣装には「志村さんへの追悼」の意味が込められているのではないかと囁かれた。

紅白で「青春の瞬き」を歌った理由

上記のことを考えると、林檎さんが2016年の紅白歌合戦で「青春の瞬き」を歌った理由が明確になってきた。

椎名林檎は、J-POP界をトップランナーとして走り続けていたSMAPが解散した日(SMAPが死んだ日)である2016年12月31日に、SMAPへの追悼の意を込めてこの曲を選曲した。

まとめ:東京事変が再集結した意味

2016年の大晦日、まさかの4年前と変わらぬ東京事変メンバーの顔を見られてファンとしては感慨深くて泣きそうになった。閏年の2012年に解散した東京事変が、閏年の2016年の紅白歌合戦で再集結したのだ。2016年の大晦日にSMAPは解散した。だけど、解散したバンドのメンバーが再集結したことには「いつだってこうやってまた集まれる」っていう意味がきっと込められている。

このメッセージがSMAPとSMAPのファンの方々に届いてほしい。

↑椎名林檎「青春の瞬き」が収録されたアルバム。リオパラリンピック・オリンピック閉会式の引き継ぎ式で使用された「望遠鏡の外の景色」も収録されている。

おまけ:椎名林檎ファンが喜んだ紅白2016「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO-」の演出

細かすぎて伝わらない椎名林檎ファンが喜んだ演出。

  • スクリーンに映っているオリンピック選手団的な映像が「ただならぬ関係」

  • 演奏メンバーが東京事変のメンバー(刄田綴色、亀田誠治、浮雲、伊澤一葉)
  • ダンサーがAyaBambi(ここ最近の椎名林檎ライブのダンサー)
  • 演出担当は児玉裕一さん(椎名林檎の旦那さん)とNHK製作陣
  • 途中のプロジェクションマッピングで能動的三分間的なデジタルの数字が出てくる
  • 歌い終わった後の林檎さんの作ったような表情が気になっていたんだけど紅組トリの石川さゆりさん(林檎さんと仲良し)も同じような表情をしていたので演歌歌手のそれを意識していたのかも
  • 椎名林檎さんの出演時間が20:16→20:20の4分間だったのは2016→2020つまり、リオオリンピックパラリンピック→東京オリンピックパラリンピックへ、という意味が込められているという噂。本当だとしたら数字の並びにこだわる林檎さんらしくてすごいしもし偶然だとしてもすごい

※追記:「椎名林檎さんが着てらしたのは喪服ではなく黒無垢です。婚礼衣装。ご確認ください。」のご指摘をいただきました。ありがとうございました。

公式にコメント済:写真

椎名林檎好きにおすすめの記事  

↑ 東京都庁の次は銀座の時計台に出現

 ↑ 椎名林檎のこれまでのまとめ

 ↑ 椎名林檎が音楽・演出面の監督を務めたリオオリンピック引き継ぎ式の感想

 ↑ 上記記事のパラリンピックバージョン