本とのこと

本と映画と音楽の話。

YUKI「まばたき」のレビュー・感想

「ダイオン(ライオン)?」

一瞬何をたずねられたのかわからなかった。もうすぐ3歳になる娘はCDのジャケットを見ていた。

ああ、たしかにライオンっぽい。

YUKI「まばたき」のレビュー・感想

まばたきは、ポップな風がずっとそよそよ吹いているようなアルバムだ。

1.暴れたがっているを作曲したのは蔦谷好位置さん。アルバム「うれしくって抱きあうよ」以降、YUKIは蔦谷さんの手から離れていた。10年ぶりぐらいだろうか。JOYも、ハローグッバイも、メランコリニスタも、ドラマチックも、ソロのYUKIを人気者に押し上げた曲たちの裏にはいつも蔦谷さんがいた。そんな蔦谷さんとのタッグ曲を一曲目に持ってきたことからも、”暴れたがっている”というタイトルからも、強い勢いの歌詞と歌からも、このアルバムに込めたYUKIの本気を感じる。

暴れたがっている勢いそのままにアニメ「3月のライオン」主題歌のシングル曲2.さよならバイスタンダーへと繋がる。バイスタンダーとは傍観者という意味。YUKIが歌いながら走っているようなスピード感。作曲者は違えどこの曲からも蔦谷時代の楽曲と似た強さがビシビシと伝わってくる。「うれしくって抱きあうよ」以降大人っぽい曲が多かったYUKIがあの頃に戻りたがっている。

3.こんにちはニューワールドはYUKIが汽車に乗って故郷の北海道から上京してきた頃のことを振り返っている。”雪の降らないクリスマスにも少しは慣れたし” ”故郷に帰った友達は「今が幸せだ」って 手紙をくれた”故郷を出て東京で暮らす人ならきっと誰しもが心のすみっこにずっと抱えている寂しさを感じた。自分の原点を振り返りながら、それでもここでやっていくんだという決意を夜の東京の街で歌っているような、そんな曲。YUKIのラップには前作「FLY」の「波乗り500マイル」からの流れを感じる。

この年齢で4.無敵というワードをタイトルに置いて、”恋は夕焼けを甘いお菓子に変える”と歌える歌手はこの人しかいないだろう。YUKIの無敵感。細かすぎるけど5.名も無い小さい花の後半”カギ編みのセーターじゃあ 重くて踊れないよ”を「踊れないよおう!」って歌う部分にYUKIのライブでのあのノリを感じて、今からこのアルバムのツアーが楽しみになってわくわくが止まらない。印象的なイントロで始まる6.レディ・エレクトリックからも今回のツアーの予感を感じさせる。

7.私は誰だのギターからはアルバム「megaphonic」を思い出す。”私のこわいもの この胸の火が消えること” ”私はいい人間じゃない だから地獄に落ちるかもしれない”と歌う歌詞もめっちゃロックだ。あとYUKI、「誰だ」って歌詞に入れるの好きだよね。

8.tonightを初めてこのアルバムの中で聞いたときは、この曲を繰り返し聴いていた夜のこととか、映画「グラスホッパー」のエンドロールでこの曲を聴いたときのこととか、この曲を聴きたすぎてライブに行きたかったけど行けなかったこととか、この曲を聴いていた時期の感情とかがぶわーっと思い出されてなんだか泣きそうになった。アルバムの中のシングル曲ってそういうタイムカプセルみたいな効果を発揮するときがある。

9.ポストに声を投げ入れてを聴いているときは車を運転していて、早朝の白んだ景色の中を動く車も信号も、なんでもない光景なんだけど全部がいい感じに見えて自分がMVの中にいるみたいな気持ちになった。なんでもない日常に彩りを与えてくれる。音楽ってこれだ。

 恋愛模様を思い出す曲調が楽しい10.バスガール、私小説みたいに綴られた11.2人だけの世界、絵本みたいな世界が広がる12.聞き間違い

このやさしさでアルバムが終わるのかーと思っていたら最後13.トワイライトのイントロに面食らう。この曲を一曲目でも真ん中でもなくラストに置いてあるとこがこのアルバムの魅力を一気に引き上げていると思う。最高。

まとめ:ベストアルバムじゃないベストアルバム

アルバムの中に過去のYUKIをいっぱい見つけられる。WAVEのYUKIも、うれしくって抱きあうよのYUKIも、megaphonicのYUKIも、FLYのYUKIも、みんな詰まってる。15周年おめでとう!

まばたき収録曲

DISC 1

01. 暴れたがっている
02. さよならバイスタンダー
03. こんにちはニューワールド
04. 無敵
05. 名も無い小さい花
06. レディ・エレクトリック
07. 私は誰だ
08. tonight
09. ポストに声を投げ入れて
10. バスガール
11. 2人だけの世界
12. 聞き間違い
13. トワイライト

DISC 2(※2CD+DVD版のみ)

01. コミュニケーション
02. ありがとう
03. ファンキー・フルーツ
04. あおぞら
05. ミス・イエスタデイ
06. 恋人よ
07. スウィートセブンティーン
08. 君を束縛したいのです
09. あの娘になりたい
10. 集まろう for tomorrow

まばたき販売形態のまとめ

今回のアルバムは販売形態いろいろ。

まばたき(2CD+DVD)

・豪華LPサイズ紙ジャケット仕様
・ファンクラブ会員限定ライブ「YUKI LIVE "commune of ten"」からの10曲を収録したライブ音源CD
・「YUKI LIVE "commune of ten"」ダイジェストムービー収録DVD(4分30秒)
・羽海野チカ描き下ろしYUKI15周年ロゴステッカー
・シングル「さよならバイスタンダー」とのW購入特典応募ハガキ(応募締切:2017年4月30日(日)当日消印有効)

まばたき(CD)

・CDのみの通常版

まばたき(カセットテープ)

・まさかのカセットテープ

まばたき(アナログセット)

・アナログ盤&カセットテープのアナログセット