本とのこと

本と映画と音楽の話。

Perfumeアルバム「FuturePop」の感想・全曲レビュー

Perfume_FuturePop

Future Pop

Perfumeのニューアルバム出ましたね!!!「2年4ヶ月ぶり」という文言を見て「は?!??」ってなんか時空が歪んだ気がした。

よく考えたらこのブログ始める2ヶ月前かー!そっかー!いろいろあったな。

次でるアルバムはやばいよ絶対やばいよと構えていたんですがやっぱりやばいよ!やばいでいろんな感情表現できる日本語便利。

早速感想書きたくてうずうずしているので全曲レビュー行きまーす!

Perfumeアルバム「FuturePop」の感想・全曲レビュー

1.Start-Up

ジャケットのイメージからゴリゴリの音が聴こえるかと思いきやすごいかわいいのきた!意外。Perfumeの3人も言ってたけどここから絵本の中に引き込まれるようなわくわくする導入。

2.FuturePop

最近のアルバム1曲目はゴリゴリの音鳴らしてPerfumeの強さ・凄味を見せつける!みたいな感じあったけど、今回のはやさしい!やわらかい感じ。アコースティックなイントロにかしゆかがソロで歌い始めるのほんと最高。やさしいながらも中田ヤスタカさんっぽいパーティーメーカーっぽいぐんぐん上がってくる感じもちゃんとある。ここからIf you wannaに繋がるんですよね。これだけでもうこのアルバムの勝ちが見えました。

3.If you wanna

僕この曲単体で1記事書くぐらいこの曲好きなんです。 

このシングルが出たときからIf you wannaが入るアルバムは絶対やばい。やべぇだろ。と心待ちにしてた。もうそのときが来た。え、あれからもう1年???時間経つの早ぇ。

4.TOKYO GIRL

今やおなじみの曲となったTOKYO GIRL。テレビで披露されすぎてテレビでこの曲聴くの正直おなかいっぱいであんまり音源で聴いてなかった。やっぱアルバムで聴くと全然印象変わる!良い方向にグーンと!聞き飽きた感あったTOKYO GIRLがちゃんとFuturePop化している(FuturePop化とは)

5.FUSION

docomoの企画で3人がロンドン-東京-NYで踊るのに完全にシンクロするやつ。あれめちゃくちゃ痺れました。曲・ダンスのかっこよさと映像のかっこよさと通信技術の進化っていう3つの感動が同時に押しよせてきて震えた。なんかぱっとしないなーと思っていたdocomoがこの辺からdocomoやるな!って思い始めた。ほんと良い企画。

無限未来のカップリングとして聴いていた時はなんかシングルのおまけ感があったんだけどこの並びの中で聴くと前回のアルバムのSTORY並みに際立っていて非常にクール。

6.Tiny Baby

FUSIONの後にこれ最高すぎでしょ!チョコレイトってSpecial!愛想ってなーに?

何がやばいって歌詞がやばい。中田さんのワールドが爆発してる。ローリングパワー。否が応でもテンションが上がりますね。上がりますねん。

7.Let Me Know

アルバム聴く前にMステでこの曲聴いたんだけど泣きそうになった。STAR TRAINほど泣かせにかかってくる曲なわけじゃないのに。

Perfumeの3人って自分より一個下だから今年で30歳になるんだよね。20代最後のアルバム。Perfumeがまだ大学生のころは、自分が30になったときのことなんかPerfumeが30になったときのことなんか想像もつかなかった。この曲聴いて、何歳になってもPerfumeは大丈夫って確信しました。

8.超来輪

タイトルと曲調がなんだかぴったりはまってる〜!つめこむZIPは解凍Goとかホコリの付いたフロッピーディスクとかおっさん心(?)をくすぐる歌詞にくすぐられます。超来輪とは中田さんの造語だそうです。超来輪ときて無限未来とくる文字の並びがすごく好き。

9.無限未来

ちはやふるの主題歌がFLASHのときは全然観に行こうとか思わなかったのにこの曲になったらめっちゃ映画見に行きたくなったからね。ほんと良い曲。「無限未来」って言葉がすごく良いよね。この曲聴きながらこの言葉について一人で考えたときがあって、一人の人間の未来だけを考えると未来は有限だけど、人類、生物、地球、宇宙規模で考えるとあ〜未来って無限だ〜ってなんかそのときぶわっと思考が広がりました。そして名前負けしてない壮大な曲。MVも良い。

10.宝石の雨

TOKYO GIRLのシングル買ってなかったから宝石の雨ってタイトルしか聞いたことなかったんだけどアルバムの中で初めて聴いたら「めっちゃ良い曲じゃん!!!」ってなった。この曲を今まで聴いていなかったなんてもったいない気もするけどアルバムで初めて聞けてラッキーな気もする。「無限未来」に続き「宝石の雨」ってタイトルすごいやばい。中田さん言葉選びのセンスほんと良い。

11.天空

アルバムの中でこの曲だけなんかごきげんかわいい。3人で空飛んでる感。なんか初期のPerfume思い出した。エレクトロワールドとかリニアモーターガールとかコンピュータシティーとか。

12.Everyday

この曲もシングルで聞き飽きた感あったのにアルバム最後の一曲として聴くとすごく特別感。これだからアルバムってほんといいよね。CDっていいよね。

この曲を聴き終わると、僕たちのEverydayがまた始まるのだ。

まとめ

FuturePopというタイトルだけが発表されたときは「うぉーーーIf you wannaみたいな攻め攻めの曲がいっぱい入ってるんだろうな〜〜」と想像しましたが思いのほかやさしい!やさしいのに弾力があるというか味があるというか(グミ?)。

前のアルバムもその前のアルバムも、最近のPerfumeのアルバムは中田ヤスタカ感がだんだん強くなってきた感じがあったんだけど今回のアルバムも中田さんの作品の1つって感じします!中田さんの作品でありPerfumeの作品。

けっこう前だけど中田ヤスタカ名義では初のアルバムもめっちゃ良いのでぜひ聴いて。

White Cube

White Cube

  • 中田ヤスタカ
  • エレクトロニック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 FuturePop、アルバム1枚で43分しかないんだけどそこがまた良い。ナチュラルに12曲が流れていってあっという間に43分時間が経ってる。

アルバムの中でも7曲目のLet Me KnowにPerfumeの今後というかPerfumeの未来を感じた。

考えてみると社会人1年目の4月にTSUTAYAでPerfumeのアルバムを借りて、好きになって、気がつけばあれから10年が経って、30歳になって、自分の社会人生活はPerfumeと共にあるなーとしみじみなりました。

何歳になったって、これからもPerfumeは、僕は、大丈夫だ。

↑Perfumeのアルバムで毎回本編よりも(?)楽しみにしているのが初回特典でついて来る「Perfumeのただただラジオが好きだからレイディオ!」この3人の会話ほんとおもしろいし、だからPerfume好きなんよなーって再認識させられる。アルバム買う人は絶対初回盤買ってね。