本とのこと

本と映画と音楽の話。

椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」の感想

f:id:ryumachi3:20180907144007j:plain

出典:qetic.jp

久びさの新曲だー!林檎ファン内外から大反響のこの曲、遅ればせながら林檎ファンとして感想を書いておきます。

「獣ゆく細道」の感想

曲について

リリース日に、録画したnews zero → Youtube → iTunesでダウンロード購入したんですけど最初は情報量多すぎて呆気にとられた感じ。なんかスッと耳に入ってこなかった!

だけども翌日に車で何回も繰り返し聴いてるとだんだん耳に馴染んできて「うおーーーかっこえーーーなーーー」と思わず叫んでしまった。

たぶんこの曲に含まれる複雑な要素がひとつひとつ解体されてやっと落ち着いて理解できるようになった感じ。

とにかく複雑ですよねこの曲。絶対この2人にしか歌えねえよ。最近の林檎さんの曲のいろいろな部分が混ざった感じ。

歌詞について

椎名林檎お得意の旧仮名遣い、と言いたいところですが林檎ファンなら「おや?」と気づくはず。今回のはちょっと違うぞと。

こうしてアイデンティティを持ち始めた曲が、或る詩人の筆致を求めていることに、私はじき気付きました。

林檎さんもこのようにコメントしているように今回の楽曲はコラボ相手の宮本浩次さんの歌詞を真似しているみたい。

宮本さんも旧仮名遣いで歌詞書くんですね。通りでいつもの林檎さんと違う感じ。

獣ゆく細道から想像される曲

この曲から最近の林檎さんの曲がたくさん想像された。

錯乱

軽快なオーケストラアレンジからまずこの曲を思い出しました。ONKIO ver.とTERRA ver.の2種類があるんですがONKI ver.のほうです。 

錯乱

錯乱

  • 椎名林檎
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

人生は夢だらけ

脳内でこの曲を再生しているといつのまにか人生は夢だらけのフレーズになったりします。直近の林檎さんの代表曲と言えるかもしれませんね。最初は控えめで後半華やかになる構成も似てます。

目抜き通り

有名な男性アーティストとのコラボということでやはりこの曲も想像されます。トータス松本さんにしても宮本さんにしてもなんでこんなに林檎さんの声と相性がいいんでしょうか。一流アーティストのなせる技なのかな。

薄ら氷心中

林原めぐみさんに提供した曲。林檎さんの流れるような歌い方からこの曲が想像されます。

薄ら氷心中

薄ら氷心中

  • 椎名林檎
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ちちんぷいぷい

この曲はリオオリンピック閉会式でも使われましたね。かっこよくてかつ華やかな雰囲気がこの曲を想像させます。あとフルートの音色も。

ちちんぷいぷい

ちちんぷいぷい

  • 椎名林檎
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

望遠鏡の外の景色

これもリオオリンピック閉会式で使われました。獣ゆく細道を聴いているとなんだか閉会式のフラッグハンドオーバーセレモニーの模様を思い出されるんですよね〜。そして否応無く2020東京オリンピックへの期待が高まります。うおーー東京オリンピックはこんな感じの曲で攻めてくるのかなーーって妄想がふくらむふくらむ。

望遠鏡の外の景色

望遠鏡の外の景色

  • 椎名林檎
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

まとめ

というわけで林檎さん今回も最高の一曲をありがとうという感じです。

この曲は椎名林檎に興味のなかったエレカシファンの方達にもものすごく響いているみたいで、Twitterなんかでそういうツイートを見かけると林檎ファンとしてはしてやったりでニヤニヤしちゃいます。

今後リリースする楽曲も他のアーティストとコラボするのか、それとも椎名林檎単体の曲をそろそろリリースするのか、どちらにしても楽しみ。

その前に近づいてきた林檎博(20周年ライブ)!そしてその後にそろそろオリジナルアルバムをリリースしてほしいところ!林檎ファンにとってはこの先もまだまだ御祭り騒ぎが続きそう!